facebook

不動産鑑定士の独立開業で失敗しないための事前準備とは?

不動産鑑定士として独立開業するためには、事前準備が重要です。
特に、紹介経路や、顧客定義などのビジネスモデル構築がポイントです。

不動産鑑定士の特徴

不動産鑑定士は、難易度の高い資格であり、不動産系の最高峰の資格。
そのため、せっかく取得をした方の中には、独立開業を志す方がいます。

ところが、一般的な知名度は、残念ながら低いのが実情ではないでしょうか。

固定費が掛からず、金銭的な独立のハードルが低いため、勢いで独立開業される方がいます。
しかし、この知名度の低さから、顧客獲得に悩むケースが多い。

勢いで独立開業するのでは無く、しっかりとした準備が重要になってきます。

不動産鑑定士の独立開業2

不動産鑑定士にまつわる市場の動向と競合

現在、不動産鑑定士のマーケットである不動産市場は、好況です。
また、高齢化社会の到来や相続に関する法改正によって、今後、仕事は増加していくことが予想されます。

こういった状況だけを見ると、もしかすると、誰しもが成功するイメージを持たれるかもしれません。

ところが、不動産鑑定士の事務所数は、約3,000ほどであり、競争が生じています。
特に、都市部では、その競争が激しい状況です。

以前は、公的な仕事で食べている人が多かったのですが、今は、そういった仕事は回ってきにくいのが実情でしょう。

やはり、競争に勝ち抜き、民間の仕事を獲得していくことが求められています。

それでは、どのように仕事を獲得していけば良いのでしょうか。

不動産鑑定士の独立開業3

不動産鑑定士の独立開業前の準備

上述したとおり、知名度が低く、一般的な消費者からの仕事獲得については、
不動産鑑定士の価値から伝えていかなければなりません。
もちろん、この方向で顧客を獲得している不動産鑑定士もいます。

実は、多くの不動産鑑定士にとっては、専門性の高いプレイヤーからの紹介が、
仕事の大半を占めるのです。

専門性の高いプレイヤーとは、その多くが、税理士や弁護士などの他士業。
仕事の95%が士業経由という不動産鑑定士も存在します。

そのため、こうした人脈を作るために、コミュニティや異業種交流会に参加している人も多くなっています。

ただ、どちらかというと、不動産鑑定士の方は、「コミュニケーションが苦手!」という方が多いようです。
そのため、独立開業に際しては、不動産鑑定士としての“腕”だけではなく、
営業・コミュニケーション力などが重要になってきます。

また、「誰から仕事を獲得するのか」というビジネスモデルの構築も欠かせません。

こうしたことを、独立開業した後に着手するのでは無く、先回りして対応しておくことが、
成功するためには肝要です。

最後に

以上、不動産鑑定士の独立開業について、その準備内容についてお伝えさせていただきました。

不動産鑑定士は、独立して年収3000万円も十分狙えるので、是非とも挑戦して頂きたいと思います。

なお、独立開業のヒントになるセミナーは、随時開催していますので、是非ともお役立てください。

 

●独立・新規事業で先生ビジネスを始める方へ

【先生ビジネス構築セミナー(東京)】

>> https://44jyuku.com/lp/sensei_biz/

 

●Web集客を成功させたい方へ

【先生業のためのWeb集客セミナー】

>> https://44jyuku.com/lp/web_syukyaku/

 

あなたのビジネスの発展に役立てていただけると幸いです。

 

追伸1

志師塾では、士業・コンサル・講師・コーチ・セラピストなど、

「先生」と呼ばれる人のためのセミナーを開催しています。

 

●営業の苦手な方へ

【成約3倍トーク構築セミナー(東京・大阪・名古屋・福岡)】

>> https://44jyuku.com/lp/seiyaku/

 

●法人開拓を楽にしたい方へ

【補助金コンサルタント養成講座プレセミナー】

>> https://44jyuku.com/lp/hojyokin/

 

追伸2

自宅で考える時間が増えた人へ、

キラーコンテンツ開発を徹底的に学ぶ動画教材を提供しています。

 

●先生業のためのキラーコンテンツ開発 集中クラス(動画)

>> https://44jyuku.com/seminar/killer_contents/

関連キーワード

関連記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
体験セミナー

TEL:03-5937-2346

カスタマーサポート(9:00 - 18:00 土日祝日除く)