不動産鑑定士のFacebook集客

不動産鑑定士がFacebookで集客するには?

不動産鑑定士が成功するためのFacebook集客
先生業が集客にWebを利用する場合においても、
一般的な集客方法である広告やSEO(有償サービス)が中心でした。

そんな中、それらの手法に加えて
近年流行しているソーシャルメディアを利用する不動産鑑定士が増えてきました。

現在、複数のソーシャルメディアが人気を集めていますが、
代表的なソーシャルメディアにFacebookがあります。

インターネットにあまり詳しくないという人でも、
Facebookという名前だけは聞いたことがあるかもしれません。

一般社会への認知度も広まっていることから、
Web集客ツールとして利用されることが多くなりました。

では、このFacebookでWeb集客することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、従来の一般的な手法である広告やSEO(有償サービス)は
費用がかかってしまいます。
当然のことながら、広告をWebに掲載するのは無償ではありません。

一方、Facebookは無償で利用することができます。
では、なぜ無償で使えるのかと言うとFacebookに広告を掲載する広告主を募り、
広告収入を得ているからです。
Facebookの収入源は他にもありますが、Facebook上の広告収入が主なものとなります。

そのため、Facebookでは費用をかけずにアクセスを集めることができます。
これがFacebookの最大のメリットです。

また、費用面に加えて重要なメリットが存在することも忘れてはいけません。
それは顧客との関係性を構築するツールであるということです。

たとえば、広告やSEO(有償サービス)は効果が単発で終わってしまいます。
クリックした後にリンクするページでアクションを起こすかどうかに関わらず、
広告やSEO(有償サービス)の役割という意味においては、
ランディングページ(広告をクリックすると閲覧できるページ)へ誘導させて終了なのです。

その一方で、ソーシャルメディアでは顧客に共感を促すことができます。
この違いはとても大きいものです。

発信者と受信者の関係において共感が生まれれば、
受信者であるお客様はファンになってくれます。
Facebook上でファンになってもらうことができれば
長期的な関係性を構築することが可能となるのです。

単純にアクセスを集めるのであれば広告でもできます。
バナー広告などを出稿して宣伝すれば良いのです。

さらに、ソーシャルメディアで情報を発信することによって
あなたの発言に共感してくれる見込み客を集めることができるのです。

これが単発で終わる広告とソーシャルメディアの果たす役割の大きな違いなのです。

全てのビジネスに言えることですが、不動産鑑定士は顧客との関係性が重要です。
顧客との良好な関係こそが不動産鑑定士としての成功の鍵を握っています。

ただし、そうは言ってもビジネス色を出し過ぎる発信をしてしまうと
見込み客は冷めてしまいます。

自分が不動産鑑定士から営業される立場である場合を想像してください。
あまりにもビジネス色が強く宣伝ばかりのFacebookを
見たいと思うでしょうか。

Facebookはもともと、商用利用のためのソーシャルメディアとして
誕生したわけではありません。
友人や知人との気軽なコミュニケーションツールなのです。
その最たる例が「いいね!」ボタンです。

では、見込み客を獲得するためにFacebookをどのように活用したら良いのでしょうか。

そのひとつとして、Facebookページがあります。
簡単に言うと、あなたのファンクラブを作るページと考えてください。

Facebookページとして作成されたテーマに興味関心のあるユーザーが
「いいね!」を押します。
すると、そのユーザーのページに情報発信を行うことができるのです。

さらに、「いいね!」は情報を拡散する効果ももたらします。
「いいね!」を押したAさんの友達であるBさんやCさんにも
「いいね!」を押した情報が伝わるのです。

このように情報伝達の輪が広がり、
潜在的な見込み客をどんどん発掘していくことができきるのです。

Aさんを見込み客として獲得したばかりか、
そのAさんの友達のBさんやCさんまでをも
「いいね!」ボタンによって巻き込むことができるのです。
こうして芋づる式にあなたのファンが増えていきます。

Facebookは、正しく使いWeb集客に役立てることで最強の集客ツールになります。
不動産鑑定士のような先生業はFacebookを活用しない手はありません。

また、まだまだビジネス活用に成功している方は多くないのが現状です。

これから活用されていくツールであるからこそ、先行者利益を獲得することができます。

さらにFacebookの集客の仕組みを知りたいという方は
無料メールセミナーをご覧ください。

志師塾メソッドのエッセンスと共に、先生業のためのWeb集客術をお伝えしています。

> >次へ:不動産鑑定士のブログ集客?アメブロ活用術?

PAGETOP