不動産鑑定士のホームページ集客

不動産鑑定士がホームページで集客するには?

不動産鑑定士が成功するためのホームページ集客
ホームページは最も一般的なインターネットメディアです。
そのため、Webにあまり詳しくないライトユーザーであっても
ホームページがどういうものかは知っています。

「インターネット=ホームページ」と考えている人も少なくないでしょう。
そういったことから、「Web集客」には
ホームページでの集客といったイメージがつきまといます。

ホームページ制作会社などからの先生業に対する営業電話では
「ホームページを作って顧客を獲得しましょう!」との言葉が
聞かれることがほとんどです。
実施にこのような営業電話を受けた経験のある人は少なくありません。

しかしながら、この謳い文句は「Web集客=ホームページ」という
イメージを言葉にしただけに過ぎません。

Web集客の目的は、「集客」を行うことです。
ですから、着地点は集客に成功することであるはずです。

しかし、ホームページ制作会社のうち95%以上はデザイン力を有していて
綺麗なホームページを作ることができたとしても、
顧客を獲得するという観点にはあまり関心を持っていないのが現状です。

つまり、デザイン力があってもマーケティングをすることはできないのです。
このような状態では、ホームページ制作会社にWeb集客を依頼したとしても
成功しないのは目に見えているのです。

また、不動産鑑定士をはじめとする先生業における「Web集客」は
一般論が通用せず、特殊な方法論が必要となります。

なぜなら、先生業は目に見えないサービスを商品として売らなければならないからです。物販サイトのようにモノを売るのではないのです。

さらには、物販サイトとは顧客が異なります。
物販であれば、一般のユーザーが対象となります。
その一方で、不動産鑑定士は一般ユーザーから公的機関までが顧客となり得るのです。

このような違いがある両者を同列に並べられないことは明白でしょう。

そのため、先生業に有効な特殊なマーケティングを知らずして
ホームページを闇雲に作ったとしても顧客獲得にはつながりません。

「とても見栄えの良いきれいなホームページを作ってくれたけれど、
顧客獲得にはつながらなかった」

これは、ホームページ制作会社に「集客」の依頼をした先生業の方の声なのです。

志師塾ではこのような相談を受けることがありますので、
具体的な実態を見ていきましょう。

ホームページにおいてはビジネスの詳細情報を掲載します。
そのため、仕事を紹介するために業界特有の専門用語を掲載するケースがあります。
しかし、ホームページ制作会社はそもそもそういった専門用語を知らない場合があります。

もちろん、これは仕方のないことかもしれません。
ホームページ制作会社は、
ホームページを制作する専門家であって先生業の専門家ではないからです。

こういったことからも、ホームページ制作会社をあてにするのではなく
不動産鑑定士に適した「Web集客」ノウハウが求められるのです。

志師塾メソッドの中には、
先生業のホームページを作る際に特に重要となるポイントが3個あります。

1.キャッチコピーで顧客の心を掴め!
ホームページを見たお客様はそのホームページが自分にとって有益かどうかを
約3秒のうちに判断します。
約3秒ですから、ほんの一瞬ということになります。
これを志師塾では「3秒の壁」と呼んでいます。

3秒間に必要なメッセージをお客様に届ける必要があります。
そのために活用したいのがキャッチコピーです。

キャッチコピーでは見込み客へ訴求したい内容を短い言葉にして伝えます。
短い言葉に伝えたいメッセージを凝縮させることで
「3秒の壁」を突破することができるのです。

このキャッチコピーをつくるために、次のポジショニングが重要となります。

2.誰に向けてメッセージを送るのか?
不動産鑑定士として何ができるのか、
そしてどのような悩みを抱える顧客を対象にしているのか、
などをホームページで訴求する必要があります。それがポジショニングです。

その対象となるお客様がホームページを閲覧してくれることで
依頼につながっていくのです。
ポジショニングに相反する顧客をいくら集客しても
ミスマッチとなってしまいます。

3.ゴールを明確にする
あなたは、ホームページにどのような役割を期待しているでしょうか。
もちろん、最終的にはホームページをきっかけとした
依頼につながることを望んでいるでしょう。

しかし、そこに至るまでには資料請求などのステップを踏むことがあります。
それをホームページのゴールとして設定することも可能です。
つまり、ホームページを通じて、
お客様にアクションを起こしてもらうことがゴールなのです。

ホームページを制作する際には、こういったゴールを明確に決めなければなりません。
まずは、どのようなアクションをお客様にとってもらいたいのかを決定してください。

これら3つのポイントの他にも志師塾メソッドがあります。

無料メールセミナーの中でより詳しい具体例を交えながら説明していますので、
ぜひメールセミナーにご登録ください。

> >次へ:営業集客をする不動産鑑定士

PAGETOP