不動産鑑定士のWeb集客

不動産鑑定士がWebで集客するには?

不動産鑑定士が成功するためのWeb集客
不動産鑑定士は、公的な鑑定評価と民間から受注する仕事などがあり、
顧客層が幅広いのが特徴です。

そのため、画一的なWeb集客ではうまくいきません。

あなたのポジショニングに合致した顧客に向けてWeb集客を行う必要があるのです。

独立開業した先生業の方は、
Webコンサルタント会社から次のような営業を受けることがあります。

・ホームページを作れば集客をするこができます
・次に、SEO・PPC(インターネット広告のこと)をやりましょう
・さらに、メルマガもドンドンやりましょう

Webに詳しくない不動産鑑定士であれば、
このことを鵜呑みにしてWebコンサルタントに依頼をしてしまうかもしれません。
もちろん、集客として結果が伴えば、
そのような依頼をするのも悪くないでしょう。

しかし、このような手法に成果を期待することはできないのが現状です。

一番の理由としては、Web集客コンサルタントのアドバイスは
「一般論」を前提としているからです。
この一般論があなたのWeb集客にもあてはまるわけではないのです。

例えば、通販サイトとあなたのような先生業では提供する商品が異なります。
物販サイトではモノを販売しますが、
先生業は目に見えないサービスを高額で提供するのです。
物販サイトでは気軽にクリックして注文をしていたお客様でも
あなたのホームページを見て気軽に依頼をするということはほとんどありません。

また、あなたの大切な顧客として公的機関があります。
公的機関を顧客として取り組むためには
漠然としたWeb展開を行っても駄目なのです。

つまり、WebコンサルタントがアドバイスするWeb集客術は
先生業のビジネスモデルには合わないのです。
その結果、ほとんど成果には繋がらないという現実が見えてきます。

競争激化する不動産鑑定士

不動産価格が上昇傾向を見せるなど、
不動産にまつわる社会環境が刻々と変化してきています。
不動産評価を仕事とするあなたの存在感がますます増していき、
需要と期待が不動産鑑定士に集まってきているのです。

そのような状況の中では、独立開業をした方があなたのライバルとなります。
自ら仕事を勝ち取っていかなければならないのです。

「顧客獲得」が至上命題となることは明白であり、
このことが多くの方が抱える大きな悩みでもあります。

しかし、確実に成功を収めている方が存在することも事実です。

業務能力ばかりを高めている不動産鑑定士は危険です

それではなぜ、顧客獲得に成功する方とそうではない方に差ができてしまうのでしょうか。

それは、「受注力」の差なのです。
受注力は業務能力にプラスされるものです。

多くの方が業務能力を上げることで顧客獲得につながると考えがちですが、
それは受注力ではありません。

受注力を高めることによって短期間で成果を出すことが可能となります。
ですから、受注力が上がれば仕事が舞い込み、結果として案件数が増えて行くのです。
そうすれば、おのずと業務能力が高まっていきます。
まずは仕事を勝ち取ることが重要です。

公的機関からの仕事であれば、
民間での仕事以上に信用も重要なファクターとなります。
そのためにWebを活用する必要があるのです。

では、顧客獲得のために具体的に何をしなければならないのでしょうか。

仕事の受注経路を100名以上の先生業にヒアリングしました。
その結果、主に13種類の受注経路があることが分かったのです。

例えば、異業種交流会への参加や紹介、DM、チラシなどがそれにあたります。

受注経路はたくさんありますが、
その中から費用対効果の高い最適な方法を選択することが最も重要です。

残念ながら、全ての方にあてはまる「正解」はないので、
「この方法を行えば100%成功する」という方法論はどこにもありません。
なぜなら、活躍する地域や顧客、専門領域によって
受注方法は異なるからです。

しかし、成功している方の受注経路を見ていくと、
Webを上手に活用していることが分かります。
志師塾で支援している方も、Webの活用で成果を上げています。

このような調査結果を踏まえ、志師塾はWeb集客に特化しています。

不動産鑑定士がWebを活用する3つの理由

それでは、Webを活用すべき3つの理由を見ていきましょう。

1.Webを使うことによって時間効率を高めることができる

「時間」を経営資源としています。
これは最も重要な経営資源のひとつです。

ひとことで言えば、「時間を使ってお金を稼いでいる」ということです。

具体的に考えてみましょう。

受注することを目標に異業種交流会に参加したとします。
しかし、最終的に受注につながらなかった場合、
その異業種交流会の時間は水の泡と化すことになります。
その時間をお金に換算してみましょう。

4時間の異業種交流会であれば、
4時間働いて稼ぐお金を投資したことになるのです。

仮に、時給が5,000円だとすると、
異業種交流会に20,000円を投資したことになります。

このようなことは異業種交流会以外の例でもあてはまります。
あなたが集客法に莫大な時間をかけているのであれば、
それは大金を投資していることと同じ意味なのです。
また、その集客法が失敗しているのであれば大金をドブに捨てていることになります。

こうした時間への投資を考えると、Web集客は時間対効果が相対的に優れています。
異業種交流会に出かけるまでもなく、営業活動が可能になります。

2.Web活用は受注の安定化に貢献するということ

仕事は、毎月一定量の受注があるとは限りません。
繁忙期もあれば、暇な月もあるでしょう。

Web活用によって売上の変動がある程度まで平準化することが可能になります。

これはとても大きなメリットのひとつとなります。

3.Web活用は高額受注を可能にする

もちろん、全てのお客様にあてはまるわけではありませんが、
一般的にWeb経由のお客様は比較的「品質の低い」お客様だと言われています。

その理由としては、次のようなことが挙げられます。

・価格の問い合わせだけで終わってしまう
・聞きたい事だけ聞いてそれ以降、連絡がない

このようなお客様が多いのでWebを集客ツールとして活用しないという声も聞かれます。

しかし、それはやり方が問題なのであって、
Web集客そのものが悪いというわけではないのです。

現に、Webを活用することによって
高額受注に成功している方はたくさんいます。

今こそ、Webを正しく活用するべきです。

不動産鑑定士のWeb集客5つのポイント

それでは、あなたがWeb集客に成功するためには、
どのようなことに気を付けなければならないでしょうか。

以下の5つのポイントを意識することが大切です。

1.独自のポジショニングを創ること
2.集客できる言葉創りができていること
3.先生業に適したWeb活用ノウハウで集客できていること
4.Webでは完結しない先生業、リアルに持ってくるためのノウハウがあること
5.最終的にクロージングまで一貫した流れが仕組み化されていること

ひとつめのポジショニングが最も大切です。
ポジショニングさえしっかりしていれば、成果が出やすくなります。

実際、志師塾に相談に来られる方の97%がポジションニングができていません。

上記5つのポイントを押さえることによって
Web集客の基盤を整えることができます。

志師塾では、「顧客獲得」に悩む多く方を支援させていただいています。

顧客獲得に関する悩みを一掃し、不動産鑑定業に邁進してください。

そのためにもこちらの無料メールセミナーに登録し、志師塾メソッドを活用してください。

志師塾は、あなたが社会貢献を実現することができることを願っています。

> >次へ:不動産鑑定士のセミナー集客のカギ

PAGETOP