社会保険労務士のFacebook集客

社労士が、Facebookで集客するためには?

一般の消費者は、労働者でもありえます。

一般人が集まって賑わっているFacebookは、
その人たちに自分の存在をアピールして見込み客になってもらいたいと考える私たちにとって、
垂涎もののマーケティングツールなのです。

ではFacebookをどう使えばよいのでしょうか? 
また、Web集客の仕組み全体の中で、Facebookにはどんな特徴があるのでしょうか?

ある人がFacebookに参加したとしましょう。
まず、自分のアカウントを作ってリアルの友達を登録します。

次にFacebook側から知人の可能性があるかもしれない人たちがどんどん紹介されるので、
追加して行きましょう。

友達は徐々に増えていくため(減ることもないわけではないですが)、
見込み客という資産として考えることができます。

その見込み客との長期的な関係こそが、Web集客の仕組みで重要となる営業基盤の一つです。

Facebookの注意点

Facebookは、実際に参加している人なら具体的なイメージを持っているかもしれません。

Web上で知人同士がお互いのプライベートなところを見せ合って
(今日、こんなところに行ってきました、誰誰とレストランに行きました)、
他愛のないコメント(「おいしそうですね」「今度は私も誘ってくださいね」)や
「いいね!」ボタンを飛ばし合って、お互いの距離を詰めてみたり、確認し合っています。

ですが、それはあくまでも社交の場です。

営業丸出しの社労士が入ってきたら、
これはもうゴキブリのように嫌われると思った方が良いでしょう。

実際、知りうる範囲でも、
お金やビジネスの話でしつこく勧誘してくる人は友達から外されてブロックされているようです。
まあ、マナー違反ですから当然でしょう。

前面から仕事をください、と言いに行くばかりが営業ではありませんし、
マーケティングでもありません。
焦る気持ちがあっても、焦ってはことをし損じます。

Facebookのポイントは、誰かが書いた記事に「いいね!」をもらえると、
直接の知人でなくても「知人の知人」まで紹介してもらえるところにあります

社労士という良く知られていない仕事の中身と、
自身の考えや仕事の風景が「広がる」だけでも大きな価値があるとは思いませんか? 
親しみを持って、それを見てくれるわけですから。

仕事の光景や、社労士個人に対して親しみを感じてもらい、
関係性を構築するところにFacebookの醍醐味があります。

そうして、少しずつ情報を開示して行きながら、
社労士事務所のFacebookページを作成したいところです。

これはいわばファンクラブのようなものです。
普通のホームページが、安定的な真面目なコンテンツを載せるのとは対照的に、
事務所の面白い情報や小ネタを乗せていくのです。

関心や親しみを持ってもらうことがあくまでも目的なのです。

Facebookを使って、愛される存在になることがWeb集客の最短距離なのです。

Facebookによる集客の仕組みをもっと知りたいという方は、
無料メールセミナーにて、志師塾メソッドのエッセンスと共に
先生業のためのWeb集客術をお伝えしているので、ぜひご覧ください。

> >次へ:集客につながる?!社会保険労務士のブログ活用法

PAGETOP