社会保険労務士のホームページ集客

社労士が、ホームページで集客するためには?

ホームページは、リアルビジネスで言うところの店舗です。
SEO対策がバッチリで、デザインに優れるwebページは、
立地が良く、人が来やすいデザインの店舗のようなものです。

取り扱う商品がコモデティ(どこにでもあるような一般的な商品)なら、
どこで買っても同じようなものなので、人を呼び込める店舗で良く売れます。

小売りや外食においてもっとも重要なのは立地です。
しかし、社労士が扱うサービスは一品ものであり、コモデティではなく、形がありません。

SEOを工夫し、デザインに優れたホームページを持っている―――
つまり立地に優れた店舗を持っていたからといって、それが大きな競争優位になるわけではないのです。

顧客獲得の決定打になるわけではなくても、ホームページにはしっかりと役割があります。

志師塾では、Web集客全体の枠組みのなかで、
ホームページをどのように活用していけばよいかというノウハウをお伝えしています。

ホームページの役割と限界をきっちりと認識することで、集客の仕組みを強固なモノにすることができます。

ホームページの位置づけは、変わらないコンテンツをいつでも同じように伝える、というところにあります。
Facebookやブログは速報性のある記事や興味や関心を惹く記事を投稿することによって、
顧客との距離を詰めて、関心を惹きます。

対して、ホームページは変わらないことで、信頼性を与えます。

その志師塾メソッドの中でも、ホームページを作る際に、
特に重要なポイントを3個ご紹介します。

1.一目でわかるメッセージ性

ホームページを訪問した顧客は、
よほど変わった人でなければ、いきなりサイトを隅々までチェックすることはありません。

手間もかかりますし、一般の顧客がホームページにそんなに関心を持っているわけではないのです。
基本的には、全体のデザインを一目見て、いいホームページかそうでないかについて大雑把に判断します。

レイアウトが見づらく、書いている内容が明確でなければ、初見で切り捨てられます。
書き手が全力で細部にこだわった結果、
顧客にとってはただ鬱陶しいだけのホームページになっている可能性があります。

志師塾メソッドでは、分かりやすいことばで顧客の感情や直感に訴求するキャッチコピーを重視しています。
一目で興味・関心をグッと引き付けられるかどうかで
残りのコンテンツを読んでもらえるかどうかが大きく変わるからです。

2.読みにくい文章は信頼感を台無しにする

ホームページは、いつでも安心して読めるコンテンツを用意していなければなりません。

ごちゃごちゃとしたデザインや、専門用語を羅列したクリアでない文章は、
書き手の熱意はあっても、読者の信頼感を削ぎます。

本人の意思はともかくとして、わかりにくい書き方をしていることは、
自信がないから、と取られかねません。

サイトの見栄えが分かりづらいと、何かごまかそうとしているのではないか、と思われます。

分かりにくいことばづかいを多用したり、何が伝えたいかが分からないレイアウトは、
専門家としての自信の無さの表れと、読み手に対する背信であると認識するべきでしょう。

本当に伝えたいことをポジショニングによって見極め、
ポジショニングと基本情報を過不足なく配置することが基本です。

3.ホームページを作ることが目的ではない

ホームページを綺麗に作っても、集客につながらなければ意味がありません。

デザインやSEOに多額の投資をしても、効果が出なければ、無駄です。

繰り返しますが、関係性の構築という面で、
顧客に親近感や好奇心を持ってもらう役割を果たすのはFacebookでありブログです。

ホームページは信頼を作るメディアです。
そう考えると、ホームページ単体でのマーケティング効果は費用対効果があまり良くないため、
集客をする、という目的を忘れると逆にお金が逃げていくことになりかねません。

ホームページを作った目的、運営した目的が集客の仕組みの中の一部であり、
他のメディアとどう歩調を合わせていくかということを認識してください。

アクセスアップができて、綺麗なホームページを作り上げても、
社労士のような専門サービス業にとっては顧客獲得につながりにくい

という事実をしっかり認識してください。

以上、3つのポイントだけでなく、志師塾メソッドのエッセンスを踏まえ、
無料メールセミナーの中で、より詳しい具体例を交えながら、説明しています。

ぜひ、ホームページで集客力をアップさせたい方は、メールセミナーにご登録ください。

> >次へ:士業も営業?!社会保険労務士も営業の時代

PAGETOP