カウンセラーのWeb集客

カウンセラーがWeb集客をする前に意識してほしいこと

ブログやホームページなどをただ闇雲に運営しているわけでは、Web集客を実現することはできません。
多くの先生業の方が「とりあえずインターネットを使ってみた」というレベルにとどまっています。

志師塾では、ブログやホームページなど、それぞれのツールごとに異なる役割があると考えています。

ホームページだけを運営していたり、内容も吟味しないままブログを毎日更新していてもWeb集客はままなりません。
それらがお互いに補完しあうことで、全体としてWeb集客が成功するための仕組みを構築するのです。

では、具体的にはどうすれば良いのでしょうか

あなたに適したWeb集客メソッドがあります。
インターネットマーケティングの一般論をあてはめても、Web集客は成功しません。

あなたが売り込むべき商品とはなんでしょうか。
モノを売る小売業であればわかりやすいのですが、目に見える商品を売るわけではないので、
あなた自身が売るべき商品を意識していないケースが数多く見受けられます。

売るべき商品を意識しなければ、Web集客において最重要となる「ポジショニング」を行うことができなくなります。

そして、カウンセラーが売るべき商品とは、自身が提供するカウンセリングに他なりません。

それは、言いかえれば「カウンセラーとしての価値」です。

この価値を伝えるためにWebを活用するという視点を持つことによってWeb集客の実現がなされます。

Web集客を支えるための根幹となる考え方

この根幹となる考え方が、「顧客との関係性」です。

あなたとの関係性、接点を全く持たない人は、顧客になり得るはずはありません。
なんらかの形であなたとの接点を持った人が、あなたの顧客、または潜在顧客になります。

たとえば、あなたが紹介されている本を読んだ人は、それをきっかけにあなたを知るのですから、
そこで少なからず関係性が生まれたことになります。

志師塾では、Webを「顧客との関係性を構築するためのツール」と捉えています。

あなたの価値をWebを通じて発信していくのです。

それによって顧客との関係性を構築することができ、集客へとつながっていきます。

カウンセラーも受注があってはじめて仕事ができる

顧客からの依頼があってカウンセリングが実現する以上、仕事を受注するための努力が必要となります。
いくら腕のある人であったとしても受注することができなければ、カウンセラーとして活動することはできません。

仕事を受注するためのスキル、それが「受注力」です。

「受注力」を上げるためにも、自身のポジショニングが重要です。
自身が「どのようなカウンセラーで、どのような強みがあるのか」を把握することが求められます。

そして、ポジショニングをはっきりさせたうえでそれをWeb上で具現化していくのです。

カウンセラーがWebを活用するべき3つの理由

それでは、あなたがWebを活用すべき3つの理由を見ていきましょう。

1.時間をうまく活用できる

独立開業をした人は、案件ごとに報酬が発生します。

会社員のように月給制ではないのです。

ですから、「単価×受注数=収入」となります。

収入を上げるためには、単価か受注数を上げるしか方法はありません。

また、時間には限りがありますから際限なく受注数を上げることはできません。

カウンセリングは一般的に、時間あたりの単価が設定されます。
そのため、時間給に近い感覚があります。

たとえば、成果に結び付かないプロモーションに莫大な時間をかけたとしましょう。
その時間分だけ、収入を減らしてしまっているということに気づく必要があるのです。
成果がない時間を過ごすことは、収入を得る機会をロスしていることになります。

Web集客を成功させるためのノウハウを利用すれば、集客への近道となるばかりか集客に要する時間を減らすことができます。

さらには、集客の失敗リスクを軽減することができます。

2.仕組みを作ってしまうことにより、受注の安定性が生まれる

Web集客メソッドに則った仕組みを作ってしまいさえすれば、その仕組みを利用するだけで良いのです。

強固なWeb集客の仕組みを構築することによって、既存顧客だけでなく潜在顧客との関係性をも構築することができます。

現在の顧客だけでなく、未来の顧客とまでもWebでつながることができるのです。

インターネット上であなたが発信した情報はどんどんと積み重なり、
あなたの名刺代わりになりますし、大きな財産となっていきます。

Web集客の極意は、仕組みそのものを作ってしまえることにあります。
半永久的、半自動的に受注を獲得することが可能となるのです。

3.正しいWeb活用によって価格競争を避けられる

あなたのカウンセラーとしての価値を発信する仕組みを作ってしまうことによって、
永続的にあなたの価値を顧客に伝えることが可能となります。

Webで伝えるべきことはカウンセリングのバーゲンセールのお知らせではなく、あなたのカウンセラーとしての価値です。

その価値を感じてもらえれば、自ずと集客を実現することができます。

「安い」というプライシングの価値に共感する顧客を集めるのではなく、
「あなたにカウンセリングをしてほしい」という顧客を得るためのWebなのです。

カウンセラーとしてのポジショニングが集客実現のカギ

「あなたは、どのようなカウンセラーですか?」

この問いに明確に答えることができれば、Web集客の幹となる部分は完成しています。
それは、あなたのカウンセラーとしてのポジショニングです。

このポジショニングをWebで表現することが、集客を実現するためのカギなのです。

ところが、志師塾に相談に来られる方の97%がポジショニングができていません。
まずは、自身のポジショニングができているかどうかを確認してみてください。

さらに踏み込んだ内容のノウハウを無料メールセミナーではご紹介しています。ぜひご登録ください。

志師塾は、あなたが社会貢献を実現するカウンセラーとしてご活躍されることを願っています。

> >次へ:カウンセラーがセミナーで集客?!

PAGETOP