facebook

中小企業診断士で年収1000万円を達成する3ステップ

この動画では、中小企業診断士が年収1000万円を達成する方法を3つのステップでお伝えします。

1.この動画を一言でいうと・・・

中小企業診断士として独立開業し、年収1000万を達成する、3つのステップお伝えしたいと思います。
年収1000万円と聞くとどう感じますか。僕は社会人になってから年収1,000万を目標に頑張っていました。昔は年収1000万スゲーって思ってたんです。

ところが中小企業診断士として独立開業して、色々な中小企業診断士方を見てきた中で、1000万って実はそこまで難しい数字ではないんじゃないかという感覚です。

2.中小企業診断士の現状

中小企業診断協会というところの情報によれば、なんと年収1000万円を超える中小企業診断士は38%いるんですね。
つまり3人に1人が1000万円を超えている状態なんです。いかがでしょうか。思いのほか多いんじゃないかなという感覚だと思うんですね。

年収1000万を超えようと思ったらどう考えるかというと、独立開業です。もちろん、独立開業すると経費がかかります。
仮に経費が5年間で200万円かかったとしましょう。家賃とかいろんなお金ですね。

これが合計すると、1200万円の売上を上げることができれば年収1000万です。
毎月100万円の売上があれば、年収1000万に近いんじゃないかなと思うんですね。
では毎月売上を100万円を上げるためには、どう行動すればいいのか具体的に考えましょう。

3.1日辺りいくら稼げばいいのか

あなたは、中小企業診断士独立開業したら毎月何日ぐらい稼働しますか。
お金を頂ける稼働時間で考えたら多くの人は15日位、つまり2日に1日ぐらいじゃないかと思うんです。

というのは、多くのケースは休まなければいけないのと営業活動、お金をもらわないで活動する日が必要になります。
そして多くのケースは実際に稼働する時間と営業時間というのは、同じ位の時間になったりするんですね。

ですから、毎月15日位稼働することが1つの基準になります。
ということは100万円を売り上げると考えると1日あたり7万円。
これ位頂ける仕事があれば、年収1000万に近いじゃないかという話ですね。

ところが、毎日7万円の仕事で埋めるのは、実は結構難しいんです。
仕事によっては高い仕事、安い仕事が当然あったりします。

ですから独立開業直後に、まず考えたいのは3万~5万円位の比較的安い仕事で稼働を埋めながら、一方で7万円~10万円の金額の仕事を埋めていく。
結果としては、平均すると1日7万円。

これがは具体的なイメージなんじゃないかと思うんですね。
こういった形で年収1000万を達成するイメージが沸いたところで、具体的にどういう風なステップで年収1000万まで達成すればいいのかを考えていきましょう。

4.年収1000万を獲得するための3つのステップ

  • Step 1「独立開業に慣れる」
  • Step 2「独自の商品を作る」
  • Step 3「集客・営業を仕掛ける」

Step 1「独立開業になれる」

自分を看板で仕事をすることにまずは慣れましょうということです。
会社にお勤めだった時代は会社から給料を頂いていたと思うんですが、独立開業というと自分の口座にお客様から直接入金があるので、おそらくお勤めの時とは感覚が全然違うと思います。

その時に、例えば請求書を送ることを1つであっても、具体的にどうやって請求書を作ればいいのかなど、お勤めの時にほとんど経験してないことを最初に経験しなければいけません。
このように、独立開業に慣れるということを最初にやっていく必要があるのです。

ではこういったことをどうするか。
もちろん自分1人で色々考えテストしても良いんですが、やはり先輩の中小企業診断士に教えて頂くのが非常に考えやすいんじゃないかと思います。
先輩から最初下請けでも良いので、仕事を頂くという経験は立ち上げとしては非常に早かったりするんです。

例えば公的なお仕事であれば相談窓口、1日座って3万円を頂くという比較的安価な仕事を先輩の中小企業診断士からお仕事を回して頂くことも十分可能だったりします。
こういう経験を通じながら自分1人の独立開業としてやっていくという姿勢、そしてこういう仕事のやり方に慣れていくんです。

具体的にはコンサルティングとか研修とか、技術を教えてもらうことが可能ではないでしょうか。
注意点としては、この単価の比較的安い仕事で自分の稼働時間を全部埋めないことが大事なポイントです。

おそらく最初は安い仕事でも売上を上げたいという想いで沢山のお仕事をもらいたい、つまり仕事を断らないということを当然考えられると思うんです。
しかし、安い仕事で時間を全部埋めてしまうと、その安い仕事を次に断わるというのが非常に難しくなります。

その結果として新しい商品化、ブランディング、営業集客にかける時間が取れなくなります。
結果としては、安い仕事ばかりやってしまうケースが非常に多いです。

まずは、何パーセントまでを安い仕事で埋めるのかを1つ目安として考えていきましょう。
僕のオススメは、独立開業直後は50%安い仕事で埋めてOK です。ただ残りの50%の時間は、未来への時間として取っておいてください。

Step 2「独自の商品を作る」

自分のブランド、もしくは自分の商品を作るステージだと考えてみて下さい。
「私は中小企業診断士です」と言ったところで良い仕事が来るかというと、ほとんどのケースは、なかなか仕事になりません。

そうではなく「あなたの選ばれる理由」をギューっと凝縮したブランドや商品サービスを作ることが、高単価の仕事を獲得するための大事な秘訣なんです。

例えばあなたは、中小企業診断士という言葉を使わずに自分の自己紹介ができますか?
専門用語を使わずに、具体的な自分自身のビジネスコンセプトをちゃんと作らなければいけないわけです。

「ビジネスコンセント⇒誰に、何を、どのように」で考えて作ってみましょう。

あなたにしかできない仕事、それは何でしょうか。
それを専門領域として自分の独自のノウハウ、独自の商品を作りブランドに仕上げていくことのは、とても重要なポイントになってきます。

この時大事なポイントは商品をパッケージングにしてください。
時間でいくら貰うというビジネスモデルをずーっと繰り返していくと、時間の奴隷から解放されません。

そうではなくて、何をどんな手順でどうやったら結果としてこんな成果が出ます、という一連の流れをパッケージにしてください。
自分のパッケージに値段をつけていくことで、自分の独自の商品、サービス、ブランドをつくることができます。

中小企業診断士であれば、コンサルティングや講座研修が具体的な商品です。
こういったパッケージを作ることによって単価が上げやすく、自分自身が主導権を持ってお客様に提案することが可能になります。
価値を示しやすい、非常に分かりやすい方法になりますから、ぜひやってみてくださいね。

Step 3「具体的な集客や営業を仕掛ける」

商品サービスブランドを作ったら、その商品サービスを見込客に提案をして契約することが必要になります。
見込客に知ってもらい、見込客に提案する場にお連れし、最終的には契約まで至るという流れの中で、見込客教育をしっかりとやっていって下さい。

あなたの独自の価値、あなたの独自のサービスの価値を見込み客に教えていく。そのためのツールとしてホームページを作ったりセミナーを開いたり、あなたの価値を伝える場所をしっかりと作っていてください。
それを再現性ある形で安定的に見込客が集まり、継続的にお客様が増え続ける仕組み作っていくことがとても大事なポイントになっていきます。

こういったことを通じて、ビジネスを安定させていくことが大事なポイントになります。ビジネスを安定させるには大きく2つ。

1つはあなたのビジネスでリピート商品、顧問などの商品サービスを作ること。
もう1つは集客を安定させること。放っておいても見込客が目の前に来る仕組みをしっかりと作っていきましょう。

最終的にはお客様から選ばれるのではなく、中小企業診断士がクライアントを選ぶことができたら単価が上がりますし、本当にストレスのない楽しい独立開業の生活が送れます。

こういった形で3つのステップをしっかり実践することによって再現性が高まり、ビジネスが安定している状態を作って頂きたいなと思います。
どんどん情報発信をしたり、単価アップを繰り返すことがビジネスの基本的な発想になります。

そして最終的には、例えば1日10万~30万円位のフィーが頂ける商品をどんどんお客様に提供していくことで、年収が1000万~3000万円に上がっていく様になるんじゃないかと思うんです。

例えば僕の場合は1日100万円もフィーを頂くことも十分あります。
その結果、自分自身がよりやりたいサービスを作ったり、本当に支援したいお客様助けたりができる、そういう時間の余裕ができたことが大事なポイントじゃないかと思うんです。

中小企業診断士で年収1000万円を稼ぐためには一足飛びに行くのはなかなか難しいかもしれませんが、単価を上げていくことをしっかりやっていけば実は年収1000万はそこまで難しくありません。
そしてこれは1つの通過点でしかない、いずれあなたの商品サービスをもっと広めてくれる仲間を作ったり、協会を作るなど、どんどん未来が広がる仕事が中小企業診断士じゃないかと思うんです。

ぜひこの3つのステップを意識をしながら、独立開業を進めていくことをやって下さい。
そして中小企業診断士としてお客様をサポートすることで、社会に良い価値を与えていくことが十分できる資格じゃないかと思います。
ぜひ、中小企業診断士の資格を生かし、独立開業して年収1000万をまずは目指されたら良いんじゃないかと思います。

【まとめ】

中小企業診断士は、年収1000万円を達成することはそこまで難しくはありません。

毎月100万円の売上(1日あたり平均して7万円、15日稼働)を上げれば実現できます。
この記事で紹介した、具体的な3つのStepは次の通りです。

  • Step1:独立開業になれる
  • Step2:独自の商品サービスを作る
  • Step3:集客・営業を仕掛ける

安定的な再現性のある仕組みを作ることが大事なポイントでした。

これらを通じて中小企業診断士としてのビジネスを発展させていき、自分も豊かになりお客様も豊かにしていきます。
その結果、社会に良い影響を与えていく存在として、中小企業診断士は大きな可能性を秘めていると僕は信じています。

ぜひ、この3つのステップを意識をしてあなたの中小企業診断士としてもビジネスを大きく飛躍させていってください。志の高い先生を応援しています。

また、高単価で顧客獲得できる関係型Webマーケティングなど、先生業のためのWEB活用の発想法を詳しく学びたい方はこちらの動画がおススメです。
2時間の無料動画を見ることができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

先生業のためのWeb集客無料動画講座

関連キーワード

あなたにお勧めの記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
体験セミナー

TEL:03-5937-2346

カスタマーサポート(9:00 - 18:00 土日祝日除く)