コーチのFacebook集客

コーチがFacebookで集客するためには?

近年、Facebookは有力なソーシャルネットワーキングサービスとして、
日本でも多くの人に愛用されています。

そして、Facebookはビジネスでは、
マーケティングツールとして利用されています。

コーチをされている方にとって、Facebookはどういった位置づけでしょうか?
使えば、何かいいことがあるんでしょうか?

Facebookは、コーチをしている方が出会った人を友達として登録していくことで、
人間関係の輪を広げていくことができます。

広告を打つこと、Webに人を誘導することは、その多くの施策が一過性のものになりますが、
友達は徐々に増えていくため、大切な財産になります。

あなたの考えや発言に共感してくれる見込み客を貯金できるわけです。
その人達と長期的な関係を築いていくことで、
一時的ではなく、安定的な関係を築くことができます。

この長期的な関係こそが、Web集客の仕組みで重要となる営業基盤の一つです。

Facebookの注意点

Facebookは、Web上の友達の輪を表現するツールです。
友達の輪に、お金のことに血眼になっている人が入ってくると…
なんだか嫌な気持ちになりますよね。

ビジネスに利用するとしても、
あくまでもこのツールは友達同士が気軽に話をしているような状況なのです。

ですから、商品の説明をするというよりは、
コーチングであなたが仕事をしている風景を写真にとって載せてみたり、
大切にしている考えを披露してみたり…と
営業ではなく、仕事に関する自分語り程度にとどめてください。

それだと営業にならないじゃないか、と思う方もいるかもしれません。
しかし、ある方が書いた記事に友達が「いいね!」ボタンを押すと、
その友達の友達にまで情報が広がります。

コーチングビジネスの一つの弱点は、
コーチングの中身や存在そのものが知られていないところにあります。
それが、口コミのような形で「広がる」だけでも大きな価値があるとは思いませんか?
親しみを持って、それを見てくれるわけですから。

そうして、少しずつ情報を開示して行きながら、
頃合いを見て、Facebookページを作成したいところです。
これは、「人」のページではなく、
たとえば、「○○コーチング事務所」といった形でページを作るのです。

ただ、これも普通のWebと同じように作ってしまってはあまり効果はありません。
あくまでも顧客との関係性を深めるためのツールとして使う必要があるわけです。

もしも、Facebookによる集客の仕組みをもっと知りたいという方は、
無料メールセミナーに、志師塾メソッドのエッセンスと共に、
先生業のためのWeb集客術をお伝えしているので、ぜひご覧ください。

> >次へ:ブログを集客へ活用?コーチの集客できるブログ

PAGETOP