ファイナンシャルプランナーのブログ集客

ブログの位置づけ

ブログは、Web Logの短縮系で、Web上の日記です。
しかし、本来の日記としての使われ方はFacebookやtwitterに奪われつつあり、
どちらかと言うとブログは定期的に雑誌記事でも書くようなメディアとなってきています。

・動きがある、ホットなメディア:SNS
・動きがなく、静的な情報提供をする:Web、ホームページ

現状、これが大きなweb上での棲み分けになっています。

ホームページは、ファイナンシャルプランナーにとっては事務所です。
看板があり、どのようなサービスがあるか説明されており、
どういう形で購入できるかがわかります。

Webページは遊び心や個性以上に、
顧客がサービスを受ける上で知っておかなければならない情報を書く場所です。

もっと感情に訴求する記事や時事に関する記事はSNSで提供します。
この棲み分けの中で、ブログはどういう位置づけとなるのでしょうか。

何か一つ例として経営者ブログを見ていただければわかりますが、
ブログは商品の説明や事業の説明をする場所ではなく、
ホットな話題や意見を提供する場になっています。

ただし、SNSが日記、身辺雑記であるのに対して、
ブログは少しまとまった考えを披露する場所になっています。

ファイナンシャルプランナーのブログ活用術

ブログはファイナンシャルプランナーが時事ネタに対して意見を披露する格好のチャンスです。

近年ではNISA(少額非課税制度)がありましたが、
ブログを持っているファイナンシャルプランナーの皆さん
このNISAについて何か面白いことをブログ上で発言できましたか?

FacebookやTwitterなら「NISAの良さが良く分からない」程度の感想でもよいかもしれませんが
ブログではまとまった意見を披露しなければなりません。
基本的な調査も必要になりますし、もちろん専門家としての普段の訓練も試されます。

しかし、時事ネタに対して速報性のある形である程度の正式な記事が提供でき、
その情報が人目を集めれば、記事を書いたファイナンシャルプランナーは知名度と格を上げることができます。

こうした時事ネタも含めて、
ある程度まとまった金融関連のニュース・情報コンテンツを提供していくことができれば、
ファイナンシャルプランナーとしてのブランディングとして、
アクセス稼ぎと関係性の構築が同時に図れるでしょう。

これらの理由から、

ブログでの多頻度情報発信によってアクセスを集めて関係性を作り、
信用あるホームページでビジネスに導くことが望ましい

という考え方で、Web戦略を構築していけば良いでしょう。

ブログでの集客術についても、
志師塾メソッドのエッセンスと共に、
無料メールセミナーでさらに詳しくお伝えしているので、ぜひご覧になってみてください。

ブログを活用して、顧客を獲得するためのお役に立てれば幸いです。

> >次へ:ファイナンシャルプランナーのホームページを活用した集客とは?

PAGETOP