中小企業診断士の営業集客、2つのコツ

中小企業診断士にとっての営業とは?

対面での営業を行ったことがある方であれば、
「価格交渉」を迫られた経験があるでしょう。

「もっと安くしてほしい」と対面で依頼されると断るのが難しくなり、
そうかと言って価格を安くしてしまうと際限のない価格交渉に陥ってしまい利益が飛んでしまいます。

このようなジレンマに陥ることを嫌い、リアルな営業を毛嫌いしている方は
実に多いものです。

しかしながら、Web集客だけではなくリアルの場での営業もコツを使うことによって、
劇的に成功率が上がります。

中小企業診断士はサービス業であり、物販とは異なりますから、
原価割れをしてしまうラインである仕入れ値という考え方がありません。

高価格で受注することも可能ですし、限りなく利益ゼロに近い価格で受注することも可能です。

中小企業診断士が営業で成功するためのコツとは?

では、営業を成功させるためにはどうしたらよいのでしょうか。

営業での価格交渉を回避するためには「中小企業診断士としての価値を
明確にお客様に伝え、理解してもらう」ことが重要です。

あなたの魅力を理解してもらうことができれば、
あなたは顧客から指名される立場となります。

「安いからこの人にお願いしよう」ではなく、
「高くても良いからこの人にお願いしたい!」と思わせるのです。

志師塾では、あなたの魅力を顧客に対してうまく伝えるためのコツを
お伝えしています。

大事なポイントが2点あります。

1.中小企業診断士としてのポジショニング

あなたは、どのような中小企業診断士でしょうか。

それを一言で言い表すことができますか?

1.「中小企業診断士の●●と申します」

2.「△△△を専門としているので、○○○でお困りの中小企業の経営者に
寄りそうことができるパートナーです」

この両者を比べてみてください。

どちらがポジショニングがはっきりとしていて、
どのような人かがはっきりとわかるでしょうか。

もちろん、後者の「2」です。他のライバルとの差別化も実現できています。

どのような領域の仕事をして、どのようなポリシーを持って仕事を持っているのか。
まずは、自分がどのような中小企業診断士なのかを理解してください。

それが自身の確固としたポジショニングにつながっていくのです。

2.伝わる言葉で表現する「伝達力」

ポジショニングをはっきりさせた後は、それをきちんと相手に伝わるように
表現しなければなりません。

適格に表現するための「伝達力」を高める必要があるのです。

志師塾では、この「ポジショニング」と「伝達力」は特に徹底して磨いていきます。

あなたのメインとなる顧客は中小企業の社長や公的機関です。
また、ポジショニングがはっきりすればターゲットが決まります。

このターゲットを意識した言葉で自身の魅力を伝えなければなりません。

「中小企業の社長に対してはどのような言葉が刺さるのか」
「公的機関に魅力をアピールするにはどうしたら良いのか」

常にターゲットを意識したうえで言葉を選ぶのです。

自分を売り込む言葉は、そのままあなた自身を指し示す言葉となることを意識してください。

自己紹介として伝えることができた情報は口コミとなり、
お客様や提携先まで広がっていくほど重要なものなのです。

志師塾の無料メールセミナーでは、「ポジショニング」と「相手に伝えるための言葉」について
より詳しくお伝えしています。

ご興味がある方は、ぜひご登録ください。

 
すぐにでも「実際のセミナーで中小企業診断士などの先生業独自の売り込まない営業手法を学びたい!」
と考えている方は、コチラがお勧めです↓

>?>Web集客ノウハウ一覧へ戻る

PAGETOP