中小企業診断士のFacebook集客

中小企業診断士のFacebookにおける正しい集客方法とは?

中小企業診断士はある程度のITスキルを持っていなければなりません。

資格試験内容にもITに関する事項が含まれていますし、
中小企業の経営課題解決にはIT分野の知識が欠かせないからです。

中小企業診断士としてのWeb活用は自身のITスキルをアピールするうえでもとても重要です。

そのため、ソーシャルメディアを集客ツールに利用している方は少なくありません。

代表的なソーシャルメディアのひとつにFacebookがあります。
このFacebookはなんとなく運用している人は多くいますが、
集客ツールとしての正しい使い方を意識している方を見かけることはほとんどありません。

このような状況ですから、Facebookを始めてはみたものの、
どのようにしたら良いかわからずに気づいたときには更新が止まり
フェードアウトしてしまったということはよくある話です。

まず、Facebookには集客ツールとして利用するに値するメリットがあることを知ってください。

このことを知るだけでも、Facebookを運用していくモチベーションにもつながっていきます。

1:無料で気軽に利用できる

Facebookは無料で利用することができます。

ですから、とても気軽に始めることができます。

自分らしいFacebook運用法を見つけるためにもまずは利用してみることが重要です。

他の中小企業診断士がどのようにFacebookを利用しているかを見てみるだけでも勉強になります。
ソーシャルメディアでは相手にメッセージを送ることができますから、
気になる中小企業診断士を見つけた場合には声をかけてみてもいいでしょう。

実務補修で一緒に学習した仲間や同じ地域で活動している中小企業診断士を
Facebookで検索してみてください。

2:潜在顧客との関係性を構築できる

Facebookのメリットは、コスト面だけではありません。

自分が発信した情報がどんどんと拡散していき、
自分のページを見てくれるユーザーを増やせるとともに関係性を構築できるというメリットがあります。

ひとことで言えば、自分の中小企業診断士としての活動に共感を得てもらうばかりか、
その共感が広がっていくという特徴があるのです。

あなたの投稿に「いいね!」を押したユーザーがいたとします。
すると、そのユーザーの友達のページにもあなたの投稿が表示されることになります。
そして、その友達がまた「いいね!」を押すと、その友達の友達にもあなたの投稿が伝播していきます。

こうして、あなたのファンを増やすことができるのです。

ファンとは、潜在顧客に他なりません。
この良好な関係を築くためにFacebookを利用するうべきなのです。

ビジネスとしての話よりもコミュニケーションを楽しむつもりでFacebookを使ってみてください。

有益な情報をアップしていくことで、ユーザーもあなたの投稿を楽しみに待ってくれるようになります。

Facebookページを利用しよう

Facebookには、あなたのファンクラブのページとも言えるFacebookページという機能があります。

Facebookページとして作成されたテーマに興味関心のあるユーザーが「いいね!」を押します。
すると、そのユーザーのページに情報発信を行うことができるのです。

さらに、さきほど述べたように「いいね!」は情報を拡散する効果ももたらします。

潜在的な見込み客をどんどん発掘していくことができるFacebookは、
集客ツールとして正しく運用することが重要なのです。

さらなる具体的な運用方法を身につけることでFacebookが最強の集客ツールとなります。

志師塾ではFacebookページの利用だけではなく、他にもメソッドをご用意しています。

まずは、無料メールセミナーにご登録ください。

志師塾メソッドのエッセンスと共に、先生業のためのWeb集客術をお伝えしています。

>?>次へ:中小企業診断士の集客のカギ、ブログ

PAGETOP