名刺チラシ作成セミナー

先生ビジネスでは、価値を伝えるツールとして「名刺」や「チラシ」を上手に活用することが求められます。
本セミナーでは、名刺やチラシを効果的に作成・活用する方法についてお伝えします。

<主な受講対象者の姿>
・士業・コンサル・講師などの”先生ビジネス”で、チラシや名刺の作成方法に悩んでいる方
・名刺・チラシを活用して、紹介を増やしたい方

顧客獲得型名刺・チラシのメリット

名刺やチラシを上手に作ることによって、相談・紹介の件数が増加します。

例えば名刺。あなたの名刺は、
・顧客獲得型の名刺
・自己紹介型の名刺
の、どちらでしょうか?

先生業の場合、名刺は顧客獲得にとても重要なツール。
それを理解して作った名刺のことを「顧客獲得型名刺」と言います。

この顧客獲得に直結する名刺を上手に使うことで、
・紹介が増える
・相談が増える
といったことが起こります。

その一方で、自分の伝えたいことだけを伝える名刺を「自己紹介型名刺」と言います。

自分の書きたいことだけを書いている名刺では、仕事に繋がりません。
そう、あのゴリゴリ売り込んでくる感じの名刺です。

名刺の目的

名刺の目的は、”人脈づくり(関係性構築)のツール”です。
決して、名刺は売り込むためのツールではありません。

自分の商品サービスを売り込むための内容になっている。
これでは、残念ながら、顧客獲得に繋がらないのです。

逆に、何も書かなすぎる名刺も次につながりにのが実情です。
インパクト重視で名前だけ書いてある人もいますが、良い結果になった話を、ほとんど聞きません。

あなたの名刺は、顧客獲得に繋がる内容になっていますか?

大切なポイントは、ゴール設定から逆算した顧客動線に基づいた名刺を作ることです。

チラシの目的

名刺に加えて重要なのが、チラシです。
チラシの目的は、”価値を正しく伝える営業(提案)”になります。

チラシには、置きチラシ渡しチラシがあり、
用途によって、チラシの構成が異なってきます。

チラシに盛り込む項目を工夫しなければ、価値は伝わりません。
先生ビジネスの”価値”を正しく伝えることがポイントになってきます。

名刺以上に戦略的要素を盛り込む必要のあるのが、チラシ。

すべての戦略要素が入ったチラシができると、
ホームページやSNSなど、他のツールにも応用が可能です。

名刺・チラシの活用法

このように作った名刺やチラシを
どのように活用すればよいでしょうか。

例えば、交流会で名刺交換するシーンを考えてみましょう。

交流会で名刺交換して、どのような結果になれば良いでしょうか。

交流会では、”その場で契約”になるケースはほとんどありません。
そうではなく、あなた自身に興味を持ってもらい、次ステップ(例えば1対1で話す場)に進むこと
それが、結果として顧客獲得に繋がります。

例えば、こういったゴールを考えると、名刺には、どのような情報が入っていれば良いでしょうか。
こういった観点で、名刺やチラシを考えることがとても重要です。

セミナー内容

・名刺の目的・機能を正しく理解する
・名刺交換が顧客獲得に繋がるATIステップ
・名刺を作る4つのポイント
・名刺に入れるべき項目
・名刺の設計ワーク
・チラシの目的・機能を正しく理解する
・チラシに入れるべき項目
・チラシ・名刺を使って顧客獲得するステップ
・紹介を増やすためのトーク設計術

講師:五十嵐和也

先生ビジネスプロデューサー。中小企業診断士。
士業・コンサルタント・コーチ・講師といった「先生業」を、500名以上プロデュースしている先生ビジネスプロデューサー。先生業のバイブル『たった90日であなたの先生ビジネスは絶対儲かる!』の著者でもある。大学卒業後、大手企業でのシステムエンジニア・コンサルタントを経て、経営コンサルタント・中小企業診断士として独立。顧客獲得に成功する方法について独自の研究を重ね、先生ビジネスで成功する法則を発見。その法則に従って、1年で256名の顧客獲得を実現する。そこで自ら成果の出た顧客獲得法を体系化し、先生業に特化した志師塾を開始。500名以上の先生をプロデュースした実績を持つ。中小企業診断士、MBAの取得で身に付けた理論と、自らの実践経験を融合したノウハウが、多くの先生業から圧倒的な支持を得ている。

参加特典

自分自身で修正できる、チラシテンプレート(パワーポイントデータ)を、無料でプレゼントします。
多くの先生が、このテンプレートでチラシを作成しています。

受講料 3,000円(税込)

お申し込み

PAGETOP