公認会計士のホームページ集客

ホームページを用いた公認会計士の集客メソッド

「きれいなホームページをつくったから検索数と受注が比例して増えるはず!」

そのように考えているのであれば、今すぐに考えを改める必要があります。

なぜなら、ホームページをつくることそのものが受注につながるのではなく、
ホームページを正しく活用しなければならないのです。

多くの公認会計士が自身の事務所のホームページをつくって満足してしまっています。

放っておけば勝手に検索数が増え、インターネット経由の問い合わせも
増えると考えがちだからです。

実際はそうではないことに気づき、正しい活用法を実践した公認会計士が受注を増やし、
着実に実績を積み上げていくことができます。

ホームページにはホームページの役割がある

ホームページは、インターネットメディアの中でも最も一般的で、かつ基本的なものです。

最近では、Facebookなどのソーシャルメディアが台頭してきているので、
もしかしたら「ホームページはもう古い!これからはFacebookの時代だ!
Facebookだけに注力しよう」と考えている方がいるかもしれません。

しかし、志師塾メソッドにおいてはこのような考えは捨てていただきます。

なぜならば、「Web集客は単独のメディアだけで完結するのではない」からです。
たとえ、どんなにFacebookが流行していたとしても
それだけでは満足のいくWeb集客は実現できません。

この考え方のベースには、「それぞれのインターネットメディアを使い分ける重要性」があります。

流行に流されるのではなく、それぞれのメディアに適した役割があるのです。
その役割が果たされるように運用していけば、Web集客が成功に近づいていきます。

これが、志師塾の基本となる考え方です。

次に、Web集客におけるホームページについて重要な3つのポイントについて見ていきます。

1. ファーストビューで瞬時に伝える

まずは、あなたの仕事を捉えなおしてみましょう。

ただ闇雲にホームページをつくるのではなく、ホームページに掲載させるべき情報を集約させるためにも
あなたの仕事について棚卸をするのです。

ホームページにアクセスした際に、最初に見える範囲のことを「ファーストビュー」と言います。

このファーストビューは、ホームページの良し悪しを図るうえでとても重要です。
ファーストビューにおいて価値を感じないユーザーはすぐさま、そのページを離れてしまうのです。

ですから、最も伝えたいことをファーストビューに掲載することが鉄則となります。

あなたの仕事を棚卸することで、あなたが
「どんな公認会計士で、どのようなターゲットを想定しているのか」を明確にしてください。

それをキャッチコピーにするのです。

または、あなたの公認会計士としてのメッセージでも良いでしょう。
ファーストビューであなたがどんな公認会計士なのかが瞬時にわかることが重要です。

2. 情報を整理する

「あれも載せたい。これも載せたい」と、情報を詰め込むだけ詰め込んだホームページは
百害あって一利なしです。

ここでもやはり、あなたの仕事の棚卸が重要になります。

棚卸とは、イコール情報の集約、取捨選択なのです。
顧客に最も伝えたいことを絞っていくのです。

その際に注意したいことは、ホームページはビジネス情報を掲載するツールだ
ということです。

「ブログなどであなたのことを知ってもらい、ホームページへ誘導する」という流れが最適です。

ホームページはブログなどと比べれば、更新頻度は少なくて良いのです。
むしろ、「ビジネス上どうしても伝えなければならないこと」を
固定して見せてあげるのがホームページです。

ですから、頻繁にイメージが変わってしまうようなホームページでは
返って逆効果になります。

あなたの事務所へのアクセス情報や料金体系など、
ビジネス情報として伝えたいことを掲載してください。

3. 修正・改善を行う

インターネットメディアの利点は、すぐに修正が可能な点です。

紙媒体ではそうはいきません。
文字の誤りなどであっても一度印刷してしまえば修正することができません。

インターネットメディアであれば、公開したあとも修正することができます。
公開後もホームページとしての効果を随時把握し、修正・改善することを忘れないでください。

放っておいてもアクセス数が集まるという考えは間違っているのです。
ホームページをつくるだけで目的が達成されたとは思わないでください。

トライ&エラーができるという最大のメリットを活かし、最適解を見つけてください。

もちろん、限りなくエラーを減らすためのメソッドを志師塾ではお伝えしています。

志師塾メソッドは、どんどんトライするための基本的な考え方です。
それを身につけることができれば、あとは実行あるのみです。

無料メールセミナーでは、これらの3つのポイントの他にもさまざま視点からWeb集客メソッドを解説しています。
ぜひメールセミナーにご登録ください。

> >次へ:公認会計士が営業で集客するには?

PAGETOP