セミナー講師のホームページ集客

セミナー講師の、ホームページ活用法

立地の良い場所にスーパーがあると、そうでないところよりも段違いにモノが売れます。
立地が良ければ、人が集まり、人が集まれば、モノが売れる―――当然の構図です。

しかし、セミナー講師の場合はそういうわけにはいきません。

SEOやリスティング広告で一所懸命に人を集めても、受注に結びつくとは限りません。
むしろ、やみくもに人を集めても、
成約率が上がらず、費用に比べると効果はほとんど上がらないでしょう。

ホームページでセミナーの説明を読んでみても、
実際にその講師がどこまで上手にセミナーをしてくれるかどうかは分かりませんし、
どの程度の専門知識を持っているかもわかりません。
目の前に現物があり、
それが商品情報そのものである店舗販売可能な商品と専門サービスでは考え方が大きく異なるのです。

しかし、感情への訴求力をそれほど期待しないWebページ(ホームページ)にも大きな役割があります。

志師塾では、Web集客全体の枠組みのなかで、
ホームページをどのように活用していけばよいかというノウハウをお伝えしています。

ホームページのマーケティング面での弱みを認識しながらも、
安定した情報を伝えるという側面の強みを最大限活用するべきです。

ホームページの位置づけは、
変わらないコンテンツをいつでも同じように伝えることで信頼性を与えます。

信頼は人と人の関係の基礎です。

その志師塾メソッドの中でも、ホームページを作る際に、特に重要なポイントが3個あります。

1.はっきりと強みが分かる

ホームページを訪れた人は暇でもなく、あなたのことになんて興味がない
ということを前提にしましょう。
すると、いかに素早く、
見やすい形で情報を伝えるかということがどれだけ大事かが分かるはずです。

レイアウトが見づらく、書いている内容が明確でないサイトはまず読まれません。
残念なことに書き手が全力で細部にこだわった結果、見通しが悪くなって、
顧客にとって何の情報も与えず、お得感もないホームページになっている可能性があります。
まずは大前提に立ち返りましょう。

志師塾メソッドでは、
分かりやすいことばで顧客の感情や直感に訴求するキャッチコピーを重視しています。
一目で興味・関心をグッと引き付けられるかどうかで、
残りのコンテンツを読んでもらえるかどうかが大きく変わるからです。

はっきりと強みを伝えられる、わかりやすい構成を意識するべきです。

2.読みにくい文章は信頼感を台無しにする

ホームページは信頼感の元であり、
安心して読めるコンテンツを用意していなければなりません。

書き手の熱意が歪んだ方向に向かうと、
レイアウトや文章が分かりにくくなり読者の信頼感を削ぎます。
ここは熱意を伝える場ではないのです。

本人は自分をなんとか偉く見せようとして、
難しいことばを使っているつもりが読み手にバカにされていたり、
背伸びをしてわかりにくい書き方をしたせいで、自信の無さが透けて見えることが多々あります。

見通しの悪さは、何かごまかそうとしているのではないかという悪意をうかがわせます。
とにかく分かりやすいこと、基本的な情報が確実に伝わること、
それだけを意識してページを作ってください。

そのためには、本当に伝えたいことをポジショニング
(自分自身と同業者と市場を比較することによって、ユニークな立ち位置―――
つまり、本当の強みを見つけること)によって見極め、
ポジショニングと基本情報を過不足なく配置することが基本です。

3.ホームページを作ることが目的ではない

ホームページは図画工作の課題ではありません。
うまく作ることが目的というわけでも、綺麗に作ることが目的というわけでもありません。

ホームページを作った目的、運営する目的は間違いなく顧客獲得のためであり、集客です。
ホームページを作成代行してくれる業者には、
ホームページへの投資を推奨してくるところもあるでしょう(それが彼らの仕事なので)。

しかし、セミナー講師にとってはホームページは集客の仕組みの中の一部に過ぎないので、
他のメディアとどう歩調を合わせていくかということを認識してください。

アクセスアップができて綺麗なホームページを作り上げても、
セミナー講師のような専門サービス業にとっては顧客獲得につながりにくい、
という事実をしっかり認識してください。

だからこそ、ホームページは信用の基礎をつくる、
その上で、ソーシャルメディアで関係性を構築するという位置づけを重視してください。

以上、3つのポイントだけでなく、
志師塾メソッドのエッセンスを踏まえて、
無料メールセミナーの中でより詳しい具体例を交えながら、説明しています。

ぜひ、ホームページで集客力をアップさせたい方はメールセミナーにご登録ください。

> >次へ:セミナー講師が顧客獲得するためのスゴ技営業術

PAGETOP