中小企業診断士のホームページ集客

中小企業診断士のホームページ集客術とは?

中小企業診断士は、主に中小企業の経営課題に対する助言を行います。

さらに、民間企業が顧客となる場合のほか、
公的機関から仕事を請け負うこともあるのが特徴です。

このように幅広い業務内容から人気の高い難関資格ではありますが、
一般的な知名度はそれほど高くないと言えます。

そのため、中小企業診断士として独立した場合には、
「自分がどのような仕事をしている専門家」なのかということを発信する必要があります。

Webの知識だけでなく、集客のために必要な考え方

ここ最近では、Webを活用する方が増えてきています。

しかし、多くの方はWeb制作会社に営業されるままに
ホームページを作成するだけにとどまってしまっています。

果たしてそれだけでWeb集客に成功するでしょうか。

志師塾では、ホームページを制作するだけではWeb集客は成功しないと考えています。

なぜならば、ホームページを作るだけだはなく、
そこにマーケティングの考え方がなければ集客は成功しないからです。

ホームページを制作するWeb制作会社はあくまでホームページを制作する会社です。
集客を行う会社ではないのです。

このことを忘れてしまうと、「きれいなホームページを作ったのになかなかお客さんがこない」
という誤った認識を持つことになってしまいます。

では、どのようなホームページをつくればよいのでしょうか。

志師塾では独自のWeb集客術を確立し、それを皆様にお伝えすることで、
多くの先生業の方を成功に導いています。

ホームページに掲載させるべき情報とは?

ホームページにはビジネスに関連する情報を掲載してください。

仕事内容や依頼に係る費用などを掲載するのです。

ユーザーがあなたの中小企業診断士としてのホームページを見る際には、
「この人に依頼をしても大丈夫なのか」「この人はどのような中小企業診断士なのか」
と言った目線で見ています。

ですから、そういったユーザーの気持ちに応えるようなホームページを制作するべきなのです。

Web制作会社はこのようなことは意識せずに、
ただ単純に見栄えの良いホームページを作ろうとします。
Web集客という観点から言えば、それでは駄目なのです。

志師塾メソッドには、先生業のホームページを作る際に特に重要となるポイントが3つあります。

1:視認性に富んだキャッチコピーの重要性

あなたが他のホームページを見ている時のことを考えてください。
ページをパっと見た瞬間に「つまらない」と判断してそのページから移動したことはないでしょうか。

人は瞬時のうちにホームページの価値判断を行います。

これを「3秒の壁」と呼んでいます。
およそ3秒のうちにホームページが有益かどうかを判断してしまう「壁」が立ちはだかっています。

せっかく中身を充実させてもその中身まで見てもらう前に立ち去ってしまうことがあるということです。

これを回避するためには、キャッチコピーを用います。

キャッチコピーは視認性に優れています。
瞬間的に意味を理解することができるので効果的なキャッチコピーは「3秒の壁」を打ち破ってくれます。

短い文章の中にあなたの魅力や訴求ポイントを盛り込むことができれば、
瞬時のうちにユーザーにアピールできるのです。

このキャッチコピーの重要性を認識したうえで、
どのような内容のキャッチコピーにするべきかということを志師塾メソッドにおいてお伝えしています。

2:ターゲットをはっきりとさせる

中小企業診断士は、実に幅広い業務を行うことができます。

講演を行ったり、経営に関する助言を行う人もいれば、本などの執筆活動を行っている人もいます。
また、クライアントも民間企業から公的機関までさまざまです。

ですから、漠然と中小企業診断士と言われても
どういったターゲットをメインとして仕事をしているのかがわかりづらくなります。

あなたは「誰のどのような課題を解決する」のでしょうか。

そのことを意識すれば、自ずとターゲットがはっきりしてくるはずです。
ターゲットにメッセージが伝わりやすいホームページづくりをしてください。

3:ホームページで達成するべきゴールを設定する

ホームページに期待する役割としてのゴールを設定してください。

ゴールを設定し、そこから逆算することでどのようなホームページをつくれば良いのかが見えてきます。

たとえば、問い合わせをしてもらうことをゴールとするならば、
その問い合わせというアクションを起こしてもらうためのホームページをつくるのです。

そして、それにも関わらず問い合わせが増えないのであれば、
ホームページの改善点を見つけて改修していくことができます。

まずはゴールを定めて、そこを目指したホームページをつくりましょう。

最後に・・・

これら3つのポイントの他にも志師塾メソッドがあります。

無料メールセミナーの中でより詳しく説明していますので、ぜひメールセミナーにご登録ください。

>?>次へ:中小企業診断士が営業で集客する際、大切な2つのポイント

PAGETOP