facebook

2種類のキャッチコピー、あなたはどっち?

志師塾の五十嵐です。

あなたのホームページやブログなどはしっかりと反応がありますか?

もし無ければ、簡単に改善する方法があります。

それは、
【キャッチコピーを変える】
ということ。

はい、これだけです。
簡単でしょ?^^

あなたのキャッチコピーって、見込み客に刺さる言葉ですか?

実は、キャッチコピーを変えるだけで
Webの反応率が5倍くらい変わってくること、よくあるんです。

それくらい、キャッチコピーって重要です。

こう言うと、
「刺さるキャッチコピーなんて
簡単に作れないから困ってるんです!」
という声が聞こえてきそうです^^;

はい、キャッチコピーを作るためには、

  • ・ライバルリサーチ
  • ・マーケットリサーチ
  • ・自己棚卸し
  • ・ポジショニング(選ばれる理由づくり)
    などを行わなくてはいけません。

簡単と言って、実は簡単じゃ無いですね、ごめんなさい(笑)

実際に、僕がサポートするときも、キャッチコピーを作るだけで
1ヶ月くらいかかるケースもあります。

大変ですか?

でもね、
あなたがビジネスをやっているのであれば、

「ご自身のビジネスを魅力的に伝える言葉」
もっておかないといけません。

なので、一つひとつ、しっかりとマスターしていきましょう。

ということで、今日は2種類のキャッチコピーについて
お伝えしますよ。

2種類のキャッチコピー、それは

  • (1)「なぜ、買うべきか?」を感じさせるタイプ
  • (2)「なぜ、私か?」を感じさせるタイプ

になります。

第一に、「なぜ、買うべきか?」のタイプとは、
まだ一般化されていないような先生サービスの場合に有効です。

例えば、コーチング。

「コーチングを買いたい!」と考えている人には、ほとんど出会いませんよね。

その場合、コーチングが必要なことを
キャッチコピーで訴求してあげることが大切です。

こういった状況で、(2)「なぜ、私か?」を訴求しても意味がありません。

そもそもコーチングが必要だと感じていない相手に向かって
「私は、他のコーチとこう違いますよ!」
とアピールしても、ピンとこない無いからです。

第二に、「なぜ、あなたか?」のタイプ。

これは、すでに一般化されていて、競争が発生している時に有効です。

例として分かりやすいのが、税理士。

企業は、ほぼ間違いなく税理士と契約しています。

なので、
「なぜ、税理士サービスを買うべきか?」
についてはそこまでアピールしなくてもOK。

そうではなく、
「なぜ、他の税理士ではなく、私を選ぶべきか?」
について、キャッチコピーに盛り込むべきです。

つまり、2種類のキャッチコピーの使い分けについては、
あなたの見込み客が、
【すでに先生サービスの必要性に気づいているかどうか】
に掛かってくるんですよね。

見込み客の状況によって変わるということ。

  • (1)「なぜ、買うべきか?」
  • (2)「なぜ、私か?」
    のいずれのパターンが有効か、考えてみてください。

キャッチコピーの役割と作り方のコツ、成功事例をまとめて学びたい方は、
以下のPDF資料をご活用ください^^

先生ビジネスを成功させるキャッチコピーの作り方

~魅力的なアイデアを生み出すコツを一挙公開~

  • 先生ビジネスのキャッチコピーの役割
  • 見込み客を惹きつける文章の作り方
  • 厳選!顧客獲得に成功した事例6選

Amazonランキング2部門No.1の著書と志師塾塾長五十嵐

ちなみに、この考え方のバックグラウンドにある発想は、
製品ライフサイクルという考え方です。

もしも興味ある人は、詳しく勉強しても良いかもしれませんね。

下図の赤線で囲ってあるところを、今日はシンプルに解説してみました^^

製品ライフサイクル

文:五十嵐和也(中小企業診断士・志師塾塾長)/編集:志師塾編集部

 

追伸1

動画を視聴して即実践可能!先生ビジネスに特化したWeb集客術と成功事例を特別無料公開中です。

【先生業のためのWeb集客術7つのステップ】

 

追伸2

志師塾では、士業・コンサル・講師・コーチなど、
「先生」と呼ばれる人のためのセミナーを開催しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連キーワード

PAGE TOP
MENU
体験セミナー

TEL:03-5937-2346

カスタマーサポート(9:00 - 18:00 土日祝日除く)